/

この記事は会員限定です

100万円で宇宙遊覧 気球で挑む価格破壊

[有料会員限定]

宇宙スタートアップの岩谷技研(札幌市)はガス気球で行く「宇宙遊覧」サービスの実用化を目指している。ロケットによる宇宙旅行と違い、大がかりな準備や訓練は不要。宇宙の入り口を1~2時間見学して戻ってくるサービスは早ければ2023年に始める。30年には1人当たりの料金100万円を目指す。

開発を進めているガス気球は特殊なプラスチック製で、ヘリウムガスを充填させ、浮力のみで成層圏まで打ち上げる。気球につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン