/

国の行動制限緩和実験、北海道も参加の意向表明へ

ネオンが消えた札幌市の繁華街すすきの

北海道は新型コロナウイルス対策で政府が検討している行動制限緩和に向けた実証実験に参加する意向を17日中に伝える。新型コロナ対策長期化で経営に苦しむ飲食店やライブハウスでの実験で手を挙げる。道は実験結果や課題を踏まえ、今後の経済活動再開に役立てる。

北海道の鈴木直道知事は17日の道議会本会議で、「(国の)飲食店やライブハウスでの実証の取り組みに、道から提案するなど連携していきたい」と答弁した。飲食店の第三者認証制度については「来週中にも実施したい」と述べた。

政府の実証実験は対象地域を決め、10月にも始める。ワクチン接種やPCR検査陰性の証明、飲食店の第三者認証制度を用いて、緊急事態宣言の対象地域でも飲食店での酒類提供や都道府県を越える移動、イベントでの人数制限といった対策を緩和する方針だ。

行動制限緩和の実験について、大阪府や福岡県、埼玉県の知事が参加意向をすでに示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン