/

この記事は会員限定です

ついに「昆虫食」も登場、北海道でレアな自販機急増中

[有料会員限定]

北海道に変わり種の自販機が続々登場している。規制緩和されたばかりの精肉にくわえ、若鶏の半身揚げにラーメン、「昆虫食」まで。販売現場での3密を回避でき、新型コロナウイルス禍で販売が落ち込んでいる飲食店向けを補う販売ツールとしても市民権を得始めている。

6月上旬の昼どき、「小樽なると屋」のなると本店(小樽市)前には人だかりができていた。「SNS(交流サイト)で知って迷わず買いに来た」。福祉関係の会社員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン