/

この記事は会員限定です

北海道寿都町議会、「核抜き条例」否決

[有料会員限定]

北海道寿都(すっつ)町議会は17日、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の持ち込みを防ぐ「核抜き条例」を否決した。同町と北海道神恵内(かもえない)村では11月から国内で初めて、最終処分場誘致につながる2年程度の文献調査が始まっている。

寿都町議会では調査に反対する町議が条例案を提案したが、賛成4人、反対4人で拮抗し、議長の判断で否決された。同町の片岡春雄町長は8月中旬に文献調査への応募検討を明かし、「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン