/

この記事は会員限定です

炭鉱地下にCO2封じ込め 北海道三笠市で生まれる新技術

北のゼロカーボン都市~進化⑶

[有料会員限定]

「炭鉱で輝いたまちを再び炭鉱で活性化させたい」。北海道三笠市の西城賢策市長はこう語る。地下の石炭から水素やガスを取り出し、発生する二酸化炭素(CO2)を鉱山地下に埋める技術「三笠モデル」の実証実験が8月から始まっている。

ガス生成過程で出る二酸化炭素を地下に圧送する。採掘跡を流れる坑内水や未採掘の石炭に吸着させ、地下に閉じ込める。さらに、スライム状のスラリー材を地下に送り、CO2と反応させて固定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません