/

この記事は会員限定です

札幌市にグリーン水素モデル街区 目指すは「環境首都」

北のゼロカーボン都市~進化⑴

[有料会員限定]

札幌市豊平区にお客が降車時に写真を撮っていくタクシーがある。その車両はトヨタの燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」だ。

「札幌のタクシー会社では初めての導入だった。物珍しさに偶然乗るお客さんは喜んでくれる」。平岸ハイヤー(札幌市)で2021年にミライを導入した百瀬浩行専務はこう語る。

ミライのタクシーは白色の革製のシート座席で高級感のある仕様。話題性もあって乗車客の反応は良好だ。ガソリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません