/

札幌南1条通で車線削減、無印良品やキッチンカー出店

札幌市や地元商店街などで構成する札幌都心交通研究会は17日、市中心部の南1条通で車道を4車線から2車線に減らして歩道を広げてキッチンカーや飲食スペースを設ける実証実験を始めた。同日開いたセレモニーで札幌市の秋元克広市長は「心地良い空間をつくり、札幌の新たなにぎわいや魅力につながれば」と述べた。

「さっぽろわざわざわストリート」と題し、丸井今井札幌本店や札幌三越などが並ぶ西2~3丁目で月末まで実験する。「無印良品」の良品計画は地域の特産物を扱うマルシェ「つながる市番外編」を開いて、北海道産食材を使った菓子を売る。飾りをつくるワークショップも企画する。

北海道当別町や岩見沢市、南幌町など札幌の周辺自治体も出店する。

札幌都心交通研究会の島口義弘会長は「ゆっくり過ごせる空間をつくった。大通地区は人出が減るなど新型コロナウイルス下で苦労しており、外で楽しく過ごせるよう実験を始めた」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン