/

この記事は会員限定です

富良野市「コロナ後」へ始動、テンセントと非接触ツール

[有料会員限定]

北海道富良野市は中国のIT(情報技術)大手・騰訊控股(テンセント)と組み、中国で普及している対話アプリ「ウィーチャット」を活用する非接触の注文システムの実証実験を始める。新型コロナウイルスの収束後を見据え、中国人観光客の回復に備える。

ウィーチャットを使い、メニュー上のQRコードを読み取って注文する飲食店向けシステムで、宿泊機能を備えた観光拠点「コンシェルジュフラノ」のレストランで実験を始める。新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン