/

この記事は会員限定です

大成建設、室蘭市と浮体式洋上風力発電の開発で連携

[有料会員限定]

大成建設と北海道室蘭市は17日、室蘭市役所で浮体式洋上風力発電関連の技術開発などに関する連携協定を結んだ。大成建設が洋上風力発電事業に本格参入するのは初めて。室蘭港は洋上風力産業の集積地として期待が高まっている。

両者はまずは浮体式洋上風力の技術開発を進めていく。2024年度以降に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで、室蘭港に部品の開発や製造など洋上風力発電関連の拠点を整備する予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン