/

北海道2カ所で鳥インフル エミューで初、養鶏場でも

(更新)

北海道は16日、白老町の養鶏場のニワトリと網走市の農場で飼育されている大型の鳥エミューから、それぞれ高病原性とみられる鳥インフルエンザを確認したと発表した。養鶏場では約52万羽、農場ではエミュー約500羽と採卵鶏約100羽を飼育しており、いずれも殺処分を始めた。農林水産省によると、エミューの陽性確認は国内初。

道によると、養鶏場と農場からそれぞれ15日通報があり、確定検査でいずれも陽性が確認された。養鶏場での約52万羽の殺処分は道内では過去最多となる。養鶏場とエミューを飼育していた農場から半径3キロ以内を持ち出しや持ち込みを禁じる移動制限区域、3~10キロを搬出制限区域に設定。養鶏場に関しては、殺処分作業のため自衛隊に災害派遣要請をした。

鈴木直道知事は農水省の武部新・副大臣と面会し「国の知見を生かした感染経路の解明や、感染拡大防止の対策など配慮をお願いしたい」と述べ、要請書を手渡した。

道はヒトへの感染について「感染した鳥と密接に接触するなどの特殊な場合を除いて、通常では感染しないと考えられている」と説明している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン