/

この記事は会員限定です

札幌のレアックス、地中調査にMR・VR・AIフル活用

我が社のストラテジー

[有料会員限定]

地質調査のレアックス(札幌市)は2023年度にも、MR(複合現実)やVR(仮想現実)を用いた調査機器を導入する。ダム建設などの大型工事で土地分析などに使う機器の製造から調査、取得したデータ解析までを手がける。先端技術を取り入れ、地質調査システムで国内シェア9割を盤石にする。

ボーリングなどで掘った穴に入れて使う筒状の地質調査機器「ボアホールカメラ」と、撮影した地層画像を解析する機器などを組み合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン