/

札幌にスノーリゾート構想 脱「雪まつり依存」の胎動

北の200万都市 生らサッポロ

札幌観光の泣きどころ、冬がやってきた。大都市では世界屈指の豪雪地帯にありながら、冬の観光は「さっぽろ雪まつり」頼みだった。国際リゾートを目指して札幌市がまとめたのが「スノーリゾートシティSAPPORO推進戦略」。近隣自治体も巻き込む大型インフラプロジェクトが動き始めた。

札幌国際スキー場(札幌市)とキロロリゾート(赤井川村)をアクセス道で結ぶ構想が水面下で検討されている。2スキー場は札幌の最高峰、余市岳から派生して近接するが、行き来するには車で50分程度かけて山道を上り返す必要がある。直線距離は約8キロメートル程度しかなく、トンネルや迂回するルートでつなげば2つのスキー場を一つの山として利用できるようになる。

コストは数十億~100億円超に達する可能性もある。キロロは11月に運営権がタイ系企業から中国系企業に移ったばかり。構想はまだ水面下にとどまっているものの、国土交通省関係者は「筋は悪くない」と話す。札幌市の観光戦略とキロロリゾートは想定する客層が補完関係にあるからだ。

キロロはスキー場として6000人程度、宿泊施設として1500人程度の受け入れ容量があるが、札幌市内からのアクセスの悪さから週末のスキー客は3000人来れば良い方。「リゾートではあるが、宿泊しないスキー客を求めている」(キロロリゾートホールディングスの渡辺裕文ホテル統括総支配人)

近年はアジア系のインバウンド(訪日外国人)誘致に重点を置いてきた。18年度はインバウンド宿泊人数の6割以上がタイや中国などのアジア系。20年に観光地域づくり法人(DMO)の赤井川村国際リゾート推進協会を設立しており、赤井川村の馬場希村長も「ターゲット層が重なり、札幌市の戦略とは親和性が高い」と連携に意欲的だ。

札幌国際スキー場は定山渓温泉に近く、宿泊客のアクセスは申し分ない。日帰り客にも人気がある一方、インバウンド客に強いとはいえない。札幌市の戦略は道内地域のスノーリゾートを巻き込んだスキーヤーの拠点化で、まとまった規模のあるスキー場同士の連携はその第1弾ともいえる。

「サッポロテイネ」や「札幌藻岩山スキー場」を含む市内6カ所のスキー場は共通リフト券を発行するなどして、本格的なスノースポーツ経験がない東南アジアや中国人観光客にサッポロを売り込む。冬の観光に欠けていた生の「雪体験」を観光コンテンツとして育てるのが最大の狙いだ。

冬の札幌観光は夏に比べて競争力が格段に落ちる。夏には月あたりの観光入り込み客数が200万人近くになる一方、冬は100万人を割り込む。主要観光施設の冬期(12~3月)来場割合は軒並み3割を切り、1ケタ台すらある。冬の札幌観光は例年200万人以上が来場するようになったお化けイベント、さっぽろ雪まつりに依存してきた。

カギを握るのは冬場の宿泊需要をどこまで獲得できるか。日中は中心部の観光スポットや郊外のスキー場をはしごしてもらい、夜はすすきので夕食、宿泊は市内のホテルでという青写真を描く。冬はニセコなどのリゾートへ向かうための通過点になりがちな札幌に、少しでも滞在してもらうのが目標だ。

市観光・MICE推進課長の新居範昭氏も「新千歳に降りて北海道に来た観光客に初日や帰り際に泊まってほしい」と話す。キロロに限らず、ニセコや富良野などの国際リゾートも札幌から車で2~3時間程度の距離に点在している。「札幌に泊まって午前中には滑れる」(市幹部)距離を生かさない手はない。

年間5メートル近くに達する札幌の降雪量は、人口200万人規模の都市では世界でも指折り。世界屈指の豪雪都市の冬の観光が弱いとは、もう言わせない。

(久保田皓貴)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン