/

この記事は会員限定です

酪農学園大学とJA北海道が協定、農家実習などで協力

[有料会員限定]

酪農学園大学(北海道江別市)と北海道農業協同組合中央会(JA北海道中央会)は農業実習やスマート農業の推進に向けて連携協定を結んだ。同大では毎年8~9月に学生が20日間、農家に宿泊し農業を学ぶ実習がある。JA北海道の農家ネットワークを活用し、実習先などの紹介を受ける。

2020年度の実習は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、19年は146人の学生が参加していた。これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン