/

この記事は会員限定です

札幌丸井三越社長が実感する、リアル店舗の競争力

[有料会員限定]

札幌丸井三越(札幌市)の神林謙一社長は日本経済新聞のインタビューで、サブスクリプション(定額課金)やライブコマースをテコにオンライン販売を売上高全体の1割(現在は数%)に育てる青写真を語った。一方、新型コロナウイルス禍だからこそリアル店舗の価値も再認識しているという。

神林 謙一氏(かんばやし・けんいち)
1992年(平4年)慶大商卒、伊勢丹(現三越伊勢丹ホールディングス)入社。14年マミーナ社長。三越伊勢丹、特選・宝飾時計統括部長などを経て、20年三越伊勢丹常務執行役員。21年4月から現職。千葉県出身。53歳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン