/

「千歳鶴」の日本清酒が記念酒 札幌市制100年の8月発売

札幌の地酒「千歳鶴」を手掛ける日本清酒(札幌市)は14日、札幌市制100周年を記念した日本酒を8月1日に発売すると発表した。12月までの期間限定で、価格は1本(720ミリリットル入り)1430円。札幌市内や近郊の主要酒販店のほか、同社が運営する「千歳鶴酒ミュージアム」で販売する。

原料となる酒米は全て北海道産を使い、札幌市内を流れる豊平川の伏流水で仕込んだ。すっきりとして飲みやすい味わいに仕上がったという。赤色の瓶につめ、商品のラベルには札幌市時計台やさっぽろテレビ塔など市内の観光名所をデザインした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン