/

「どうみん割」対象に青森在住者も 期限は3月まで延長

北海道の鈴木直道知事は14日開いた道議会予算特別委員会で、これまで北海道在住者に限定してきた観光振興策「どうみん割」の対象を青森県在住者に拡大する方針を明らかにした。12月29日までとしてきた期限には2022年1月4日~3月11日も追加する。

道の交通利用促進策「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」の商品販売期間は1カ月長い22年3月末まで延長する。どうみん割を利用するには新型コロナウイルスワクチンの接種やPCR検査の陰性証明を条件とする。

一方、北海道在住者には青森県の独自割引「青森県おでかけキャンペーン」を利用できるようにし、相互訪問による観光需要掘り起こしを促す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません