/

この記事は会員限定です

核のごみ調査に包囲網 北海道で「核抜き条例」相次ぐ

[有料会員限定]

北海道寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場建設につながる文献調査が始まって3カ月が経過した。両町村では原子力発電環境整備機構(NUMO)が説明活動を本格化する一方、周辺の自治体では核のごみの持ち込みを禁じる「核抜き条例」制定の動きが相次いでいる。

寿都町に隣接する島牧(しままき)村の村議会は2020年12月、核抜き条例を賛成4人、反対3人で可決した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2077文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン