/

この記事は会員限定です

北の酒蔵、悩む師走 輸出向け半額以下の「諸事情」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍は北海道の新酒造りに影を落としている。例年なら仕込み作業が最盛期を迎える師走だが、飲食店の相次ぐ休業で需要は激減。酒米の在庫も積み上がっており、手探りの冬を迎えている。

北海道最大の製造量を誇る男山(北海道旭川市)は21日、ようやく2020年の仕込みを始めた。例年は10月末に始めていた仕込みを大幅に先送り。従来は約7カ月を確保してきた仕込み期間を3分の1に短縮し、まずは貯蔵タン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン