/

この記事は会員限定です

人口減を商機に、コープさっぽろ・サツドラのファン開拓

[有料会員限定]

北海道の小売大手が人口減の市町村と相次いで組んだ。コープさっぽろは様似町で学校向け昼食の提供を始め、サツドラホールディングス(HD)とイオン北海道は独自のポイント制度で地元に食い込もうと躍起だ。各地で深刻化する人口減を逆手に、広い世代に浸透してファンを開拓する。

コープさっぽろは13日から様似町の公立小中学校2校に「スクールランチ」と呼ばれる昼食を届けている。コープフーズの帯広工場で製造して加温庫に入れ、発電機を積んだトラックで温か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン