/

AIRDO、5月10~31日に計232便を減便   

AIRDO(札幌市)は13日、5月10~31日に計232便を減便すると発表した。既に発表しているゴールデンウイーク(GW)期間中の計画を合わせると、5月は当初運航計画の16%(293便)が減便となる。3月は当初計画の52%、4月は43%を減便していた。航空券の予約状況が改善しており、5月は減便数を少なくする。

現在、東京都など6都府県で「まん延防止等重点措置」が適用されており、北海道はこれらの地域との不要不急の往来自粛を道民に求めている。AIRDOは「現時点でさらなる減便は予定していないが、減便の予定が決まったら速やかに公表する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン