/

この記事は会員限定です

札幌市近くに新駅「ロイズタウン」、再開発加速へGO

[有料会員限定]

JR北海道は北海道当別町で2022年の開業を目指す札沼線の新駅名を「ロイズタウン」とする。22年春には「生チョコレート」で知られるロイズコンフェクト(札幌市)が新駅近くの「ふと美工場」の敷地や工場面積を約2倍に拡張し、見学施設や店舗も併設。町と企業が連携し、集客のインフラ整備を急ぐ。

JR北海道の島田修社長が14日、定例記者会見で発表する。北海道の駅では「サッポロビール庭園」(恵庭市)などが駅名に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン