/

この記事は会員限定です

社宅用地のマンション、第1号を23年度末に JR北海道

[有料会員限定]

JR北海道は13日、札幌市内の桑園駅近くにある同社の社宅用地を活用した不動産開発について、2023年度末に最初の賃貸マンションを開業すると発表した。社宅1棟を解体してマンションを2棟建てる。記者会見した島田修社長は今後10年間で、年1棟以上の賃貸マンション建設を進める方針を示した。

社宅7棟が建つ1万平方メートル超の敷地のうち、既に退去が完了した約2300平方メートルの土地に建てる。JR北海道子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン