/

この記事は会員限定です

民営化の北海道7空港、運営期間「再延長」交渉へ

北海道エアポート 蒲生猛社長

[有料会員限定]

新千歳空港(北海道千歳市)など北海道7空港を経営する北海道エアポート(HAP、千歳市)の蒲生猛社長は、2024年度まで国内客重視に集中する方針を鮮明にする。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で国際線の早期回復は見込めず、1年延長が認められたばかりの運営受託期間のさらなる延長を求める考えも示した。

――21年中の国際線回復をどう予測しますか。

「回復のめどは全く立っていない。新千歳はもともとビジネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン