/

この記事は会員限定です

北海道「100年に一度」の少雨・猛暑、生乳生産1割減も

[有料会員限定]

8月上旬にかけて北海道を襲った「100年に一度」級の少雨と猛暑で、生乳生産量が1割減るなど影響が出始めた。タマネギやジャガイモの収穫量の減少を懸念する声も目立つ。7月は札幌市で日照時間が観測史上1位になるなど、異常気象の余波は2022年まで続く可能性もある。

気象庁によると、札幌では7月の日照時間が285.3時間で1957年の5月を超え、観測史上最長だった。降水量の少なさや平均気温の高さも7月とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン