/

函館市、12月から医療従事者に3回目接種

北海道函館市は新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を始める。2回目から8カ月程度以上過ぎた人が対象で、2021年春に接種を受けた医療従事者は12月から順次受けられる。22年1月からは高齢者(65歳以上)、3月以降は64歳以下の市民も3回目接種の対象となる。

市は年内に3回目を接種する医療従事者を1900人程度と見込んでいる。21年度内に必要な経費として、約4億5900万円の補正予算を専決処分した。接種券の印刷・発送、コールセンターや接種会場の運営に充てる。22年4月以降の費用は22年度予算に計上する。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン