/

この記事は会員限定です

函館に現役最古の観覧車、のんびり3分空中散歩

気になるスポット

[有料会員限定]

函館公園こどものくに(北海道函館市)に直径8メートル、高さ10メートルと小ぶりな観覧車がある。隣町、七飯町の大沼湖畔で1950年に稼働した。その後、同遊園地に移設され、国内現役最古だ。

ゴンドラは8つ。3分45秒で1周する頂点では津軽海峡が見え、春は桜が美しい。巨大観覧車とは違う、いぶし銀の存在感を放つ。製造元は不明。2019年、国の登録有形文化財になる時の実測で従来思われていたより直径が2メート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン