/

この記事は会員限定です

北海道物流に「2024年問題」 ロジネット社長の予防線

[有料会員限定]

ロジネットジャパンの橋本潤美社長は日本経済新聞のインタビューで、運送事業者間で懸念される「2024年問題」への処方箋を語った。時間外労働の上限が月平均80時間に制限されれば、人手の確保をはじめ競争はさらに激化する見通し。最大の備えは多角化と優秀な人材をつなぎとめる投資だ。

橋本 潤美(はしもと・ますみ)
1996年(平8年)小樽商大商卒、札幌通運入社。2016年ロジネットジャパン取締役、19年専務、20年から現職。札幌市出身、49歳。

――北海道では物流網...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン