/

この記事は会員限定です

北海道「ひまわりすいか」夏の輝き、町のシンボルへの道

[有料会員限定]

6月上旬、北海道北竜町の「北竜ひまわりすいか」が初出荷を迎えた。ソフトボール大の小ぶりなスイカを割ると顔を出す、鮮やかな黄色の果肉。糖度11度以上の爽やかな甘みが光る。1玉2キログラム前後の黄色い果実は夏にかけて輝きを増す。

6月11日の初出荷の翌日、札幌市と旭川市でセリが行われた。天候不良の影響で去年より4日遅い初出荷となったが、ひまわりすいか組合の渡辺俊成組合長は「例年通りのおいしいスイカがで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン