/

この記事は会員限定です

北海道内延べ宿泊者17.9%減、11月 コロナでキャンセル増

[有料会員限定]

日本旅館協会北海道支部連合会は10日、北海道内110施設の11月の宿泊実績を発表した。延べ宿泊者数は前年同月比17.9%減だった。国内客は1.7%減にとどまったが、11月に入り新型コロナウイルスの感染拡大でキャンセルが増え始めている。

「知床・ウトロ温泉・岩尾別温泉」は延べ宿泊者数が19.5%増と前年を大きく上回った。「洞爺湖温泉・支笏湖・日高・えりも」(7.4%増)や「阿寒湖温泉」(1.0%増)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン