/

この記事は会員限定です

ウッドショック「もう限界」 北海道に迫る値上げの夏

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界的な木材価格の高騰「ウッドショック」が北海道の住宅産業を直撃している。住宅用の輸入材価格は3倍超に高騰し、カナダや欧州産など先行きの調達見通しも立たなくなりつつある。住宅建設がピークを迎える夏を前に「販売価格に転嫁せざるを得ない」(住宅メーカー)との声が上がり始めた。

日本の住宅用木材はほとんどを輸入材に頼ってきた。パネルで建物の面を構成するツーバイフォー(2×4)工法に用いるSPF(トウヒ・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン