/

この記事は会員限定です

北海道江別市内の文化財、カフェに サッポロ珈琲館

[有料会員限定]

喫茶店を展開する珈房サッポロ珈琲館(北海道江別市)は11日、江別市内にある国の登録有形文化財「北海道林木育種場旧庁舎」内の1階部分にカフェを開く。店舗は36席で、営業時間は午前9時30分~午後6時。コーヒーのほか、ケーキやホットサンドなどの軽食を用意する。

施設は1927年に建設し、林業の研究施設として96年まで使っていた。2階建てで、延べ床面積は約1500平方メートル。江別市は土日祝日に限り、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン