/

この記事は会員限定です

北海道観光のGWは復調半ば、迫る2度目の「寒い夏」

[有料会員限定]

ゴールデンウイーク(GW)の北海道では一部の観光地が近隣からの個人客で潤った一方、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年と比較すれば水準は6~9割減に沈んだ施設が多かった。北海道では新型コロナ収束への道は見えず、夏のハイシーズン(繁忙期)に向けて多くの観光関係者が不安を募らせている。

定山渓温泉(札幌市)の日帰り温泉施設「豊平峡温泉」では2日、名物のインドカレーを食べにきた観光客で館内が大混雑し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン