/

この記事は会員限定です

札幌駅の商業施設「パセオ」22年秋休業へ、新幹線工事で

[有料会員限定]

JR北海道の子会社、札幌駅総合開発(札幌市)が運営する札幌駅の駅ビル北側にある商業施設「パセオ」が2022年秋に営業を終了することが9日、分かった。休業期間は3~6年に及ぶ。30年度末に予定する北海道新幹線の札幌延伸に伴う工事のため。テナントとは順次、退店交渉する。

JR北の島田修社長が10日の記者会見で発表する。パセオは1階と地下1階で営業する。テナントは衣料品や雑貨の物販店、飲食店など200店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン