/

この記事は会員限定です

函館どつく、フェリー建造再開 観光需要にらみ新収益源

[有料会員限定]

造船の函館どつく(北海道函館市)がフェリー建造を本格再開する。青函フェリー(同)から2隻受注した。設計構造などを見直し、運航中のフェリーに比べ大型にするほか、燃費や安全性を高める。受注獲得部隊も設けた。新型コロナウイルス収束後の観光需要回復をにらみ、客船受注を進める。

新造2隻は青森港と函館港を結ぶ青函航路で運航する。函館造船所(同)で建造を始めており1隻目が2023年3月、2隻目は24年春に完...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン