/

北海道が百貨店物産展商品券、プレミアム率40%

北海道物産展は百貨店のなかでも人気のイベントだ

北海道は9日、全国の百貨店で開く北海道物産展やアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で利用可能なプレミアム率40%の商品券を北海道内で販売すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける北海道の食品事業者を支援する。

5000円出すと7000円分として使える商品券を、1人最大3冊購入できる。発行する13万1500冊のうち1万5000冊は、12~25日に電話やインターネットで予約を受け付ける。届いたはがきと引き換えに札幌市や函館市などの郵便局で入手可能だ。利用期限は7月10日~2022年2月13日。

残りの商品券は丸井今井札幌本店(札幌市)や札幌三越(同)、藤丸(北海道帯広市)に加え、高島屋日本橋店(東京・中央)やそごう千葉店(千葉市)など北海道外の百貨店28店舗で売り出す。道外のどさんこプラザでも販売する。

商品券を扱う各百貨店と大丸札幌店(札幌市)、東急百貨店札幌店(同)が開く北海道物産展会場で使える。どさんこプラザでは倶知安店(北海道倶知安町)と湯川店(北海道函館市)を除く8店舗で利用できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン