/

この記事は会員限定です

びっくりドンキー、生ごみ由来の再生エネ利用 茅ケ崎で

[有料会員限定]

ハンバーグ店「びっくりドンキー」を展開するアレフ(札幌市)は「茅ケ崎店」(神奈川県茅ケ崎市)で、店舗で出た生ごみから発電した電力の利用を始めた。同店で1日に25キログラム出ていた生ごみを有効活用する。店舗に応じて再生エネルギーの導入を進め、脱炭素の取り組みを加速させる。

茅ケ崎店から排出された生ごみを、食品リサイクル会社のJバイオフードリサイクル(横浜市)が運営するメタン発酵施設でリサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン