/

厚岸ウイスキー、米国最大級の品評会で最高評価

食品卸の堅展実業(東京・千代田)の厚岸蒸溜所(北海道厚岸町)が製造したウイスキーが米国最大級の酒類品評会である「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(SFWSC)2021」で最優秀金賞を受賞した。「アザーシングルモルトウイスキー」部門で「厚岸ウイスキーサロルンカムイ(海外版)」と「厚岸シングルモルトウイスキー寒露」が受賞した。

寒露はアルコール度数が55%で、北海道産のミズナラで作った樽(たる)やワイン樽などを熟成に使用した。コクのある甘みが特徴だという。SFWSCは2000年に設立され、今年で21回目の開催。最優秀金賞はSFWSC2021のすべての審査員から「金賞」の評価を受けた製品だけに受賞資格がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン