/

この記事は会員限定です

はこだて未来大発企業のAIハヤブサとミラックが研究拠点 

[有料会員限定]

工業用顕微鏡メーカーのミラック光学(東京都八王子市、村松洋明社長)は2022年春、北海道函館市に研究拠点を設ける。公立はこだて未来大学発スタートアップで、村松氏が社長を兼務するAIハヤブサ(函館市)の本社も入居する。合計10人程度が、人工知能(AI)を使った検査システムなどの開発と、第1次産業向けを含む北海道での用途開拓で協力する。

AIハヤブサは、工業製品や食品の画像を分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン