/

この記事は会員限定です

旭川で自衛隊が活動開始 クラスター拡大の病院支援

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの大規模クラスター(感染者集団)が発生した北海道旭川市への陸上自衛隊北部方面総監部による派遣命令を受け、自衛隊の看護官が9日、現地で活動を始めた。慶友会吉田病院と障害者施設の北海道療育園に各5人が今後2週間程度にわたり、医療活動などを支援する。

同市では医療機関や福祉施設でクラスターが頻発し、市の8日の発表では過去最多となる50人の新型コロナ感染を確認していた。これまで吉田病院で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン