/

函館・湯の川温泉の旅館、飛行機の離着陸が見えるプラン

望楼NOGUCHI函館は、函館空港に離着陸する飛行機が見える部屋の宿泊プランを始めた

野口観光マネジメント(北海道登別市)は、湯の川温泉(北海道函館市)で運営する高級旅館の望楼NOGUCHI函館で、函館空港とそこに離着陸する飛行機が見える部屋に泊まれるプランを始めた。新型コロナウイルス禍で旅行需要が低迷しており、空港に近い眺望を生かす。

他の建物に遮られない東向き4部屋が対象で、特に着陸進入時は湯の川地区上空を通る飛行機が大きく見える。料金は同じタイプの部屋に1人3300円を上乗せし、日取りや同室する人数で変わる。滑走路などが点灯する夜景を含めて、空港が見える部屋を希望する声が以前から寄せられていたという。

望楼NOGUCHI函館ではこのほか、バーカウンターを宿泊客以外も利用できるカフェとして昼間に営業するなど利用者呼び込みを図っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン