/

この記事は会員限定です

新球場開業間近、北海道北広島市「若者定住と交流カギ」

[有料会員限定]

プロ野球日本ハムのボールパーク(BP)開業まで約半年となった。北海道北広島市の上野正三市長は日本経済新聞のインタビューで、今後のまちづくりのポイントに「若年層の定住」と「交流人口の増加」をあげた。市はBP建設費を含む市内への経済波及効果を10年間で約1500億円と推計。周辺自治体とも連携して北海道を盛り上げる考えだ。

――BP誘致を機に街はどう変わっていますか。

「若年層が多く流入してきていると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン