/

この記事は会員限定です

函館の布目「社長のいか塩辛」 イカは国産、塩は沖縄

北海道食の王国

[有料会員限定]

イカの塩辛というと、大人の渋い酒の肴(さかな)というイメージがつきまとう。北海道函館市の老舗水産加工会社、布目の「社長のいか塩辛」は20年以上続くベストセラーだ。パッケージには、ひげおじいさんのイラスト。若い女性も思わず手に取ってしまう。「社長」ブランドの商品は、地元だけでなく土産・贈答品でも人気だ。

社長のいか塩辛は、元は非売品だった。前社長の石黒義男・現会長が、得意先や知人向けに個人的に作っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン