/

この記事は会員限定です

北海道育ちの「神内マンゴー」 糖度16%の輝き

北海道 食の王国

[有料会員限定]

北海道育ちのマンゴーが高級ブランドとして台頭している。マンゴーといえば南国フルーツの代表格。浦臼町の「神内マンゴー」は時間をかけて北国の陽光を浴び、最高16度に達する甘さをじっくりと蓄える。木熟ならではの豊かな香りととろける食感が光る。

神内ファーム21(同町)のマンゴー収穫量は、農業用ハウス4棟で年間約1万個。マンゴーは完全に熟すると実が木から自然と落ちる。あらかじめ実を袋で包んでおき、袋の中に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン