/

この記事は会員限定です

ニセコで「北限の茶」栽培 東京から本社移転のルピシア

[有料会員限定]

茶専門店を展開するルピシアは、東京から本社を移した北海道ニセコ町で、新雪谷(ニセコ)茶園を開設した。茶は温暖な気候に適した作物で、従来は秋田県の檜山茶、岩手県の気仙茶などが北限とされてきた。ルピシアはさらに北の北海道で茶の露地栽培を進め、2023年に北海道産茶葉の発売をめざす。

このほど茶の本場である静岡県で譲り受けた茶樹約700本を、羊蹄山を見渡せる農地に植えた。品種は、寒さに強く香りが良い「さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン