/

この記事は会員限定です

北海道観光の覚醒 さらば大箱ビジネス、個人客にシフト

拓銀破綻から25年⑤

[有料会員限定]

北海道は四半世紀の間に、北海道拓殖銀行の破綻、リーマン・ショックや新型コロナウイルス感染拡大といった危機に直面した。国内外から団体客が多く訪れていた北海道観光業は2つの金融危機を辛くも乗り越えてきたものの、コロナによる行動自粛で大箱ビジネスを見直し始めた。

「団体需要が全て無くなるわけではないが、100人顧客がいたら100通りの楽しみを提供できる多様な設備やサービスの開発が必要になっている。若い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません