/

この記事は会員限定です

北海道金融、最後の担い手は 信金預金残高20年で5割増

拓銀破綻から25年④

[有料会員限定]

北海道金融のリーダーだった北海道拓殖銀行の破綻後、地域金融の勢力図は一変した。25年を経て、道内に20ある信用金庫は預金量を大きく伸ばした。

札幌に拠点を構える経営者の間で、よく話題に上る金融機関が遠軽信用金庫(北海道遠軽町)だ。北海道北見市や北海道紋別市に隣接するオホーツク地方に本店を構え、北海道旭川市や札幌市に営業エリアを広げてきた。札幌4支店のうち、札幌中央支店の融資額は本店の3倍に達する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1958文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません