/

この記事は会員限定です

北海道・北大が包括連携協定 SDGsや人材育成など

[有料会員限定]

北海道と北海道大学(札幌市)は7日、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の推進などに向けた包括連携協定を結んだ。これまでは道の各部局や北大の学部ごとの連携にとどまっていたが、組織同士で協力関係を築くことで幅広くノウハウを共有する。新型コロナウイルスの感染予防対策でも連携を探る。

7日の調印式で北海道の鈴木直道知事は、北大とともに気候変動対策や人材育成、人工知能(AI)を活用したスマート社会「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン