/

この記事は会員限定です

戻ってきた北見工大生、IT4社と協定テコに

北のサテライトCITY 北見市編㊤

[有料会員限定]

オホーツク海に面した北海道北見市がリモートワーク拠点化に向けて奮闘している。首都圏のIT(情報技術)企業に北見工業大学卒業生が入社。育った段階で進出4社の北見拠点で働いてもらう「サケモデル」を構築した。サテライトやワーケーション誘致に道内でも熱心な北見の取り組みを追う。

北海道のリモートワーク環境 日本経済新聞が人口10万人以上の285市区を対象にしたリモートワーク環境の調査によると、北海道は全国8ブロック中で4位だった。北見市も2021年1月1日時点で9市ある人口10万人以上の都市のうち6位にとどまる。全国でも146位とほぼ真ん中に位置する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン