/

この記事は会員限定です

どうする北大のAI人材育成、川村教授×クレスコ社長対談

[有料会員限定]

医療系AI(人工知能)システム開発のクレスコは北海道大学の大学院情報科学研究院に1億円を寄付した。狙いは世界的に引き合いが強まるAI(人工知能)の実践的な人材の育成。クレスコの根元浩幸社長執行役員は「未来を担う若手のAI人材に思う存分成長してもらいたい」と期待する。

クレスコがAI分野に進出したのは根元社長と北大大学院の情報科学研究院、調和系工学研究室の川村秀憲教授(当時准教授)らがAI(人工知能)の1つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン