/

この記事は会員限定です

札幌のコロナ検査病院5割増 オミクロン上陸に警戒

[有料会員限定]

札幌市で新型コロナウイルスの検査・診療能力が増強されてきた。市と連携して発熱外来検査する病院は約200と、半年で5割増。変異型「オミクロン型」への警戒感が高まるなか、年内には従来、臨時診療所のみが担っていた軽症・中等症診療の「コロナ外来」も連携病院に導入する。

同市が6月に創設した医療機関区分の特別枠「区分C」の指定を受けた病院は12月時点で約100を数える。電話相談段階で新型コロナ感染の可能性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン